受験勉強のベストプラクティス・無料学習動画サイト

動画学習サイトja-study

  • 全国
    対応
  • 登録
    無料
登録 ログイン

学校詳細

名称 東京医療学院大学(トウキョウイリョウガクインダイガク)
主題 将来への高い目標意識とコミュニケーションスキルの高い医療人を目指す。
概要 2016年4月、看護学科開設。「人と関わるのが楽しい!」「学ぶのが楽しい!」と感じて欲しい。地域に根差した小規模の大学で様々な人と深く関わり、医療従事者を目指して成長できる「医療の魅力を伝える大学」です。
学費 ●2019年度納入金(参考) 看護学科:193万円 〔入学金:30万円/授業料:108万円/その他諸経費:55万円〕、リハビリテーション学科:185万円 〔入学金:30万円/授業料:100万円/その他諸経費:55万円〕 (この費用以外にテキスト代、実習白衣代、教材、教具などの諸費用が必要となります)
特徴 医療の魅力を伝える大学
本学は、看護師・助産師・理学療法士・作業療法士を目指す在学生に、「医療に関わる楽しさ、仕事のやりがい」を伝えられる大学を目指します。1年前期より、将来の目標を明確にするカリキュラムで、将来の目標を明確にしています。看護学科では、5月から「看護を好きになる!看護を知り、目標を持つ!」ための早期実習を行います。また、リハビリテーション学科では、入学後すぐの「大学導入論」の講義で、医療組織を目指す上での学習意欲・生涯学習の大切さ、チーム医療の必要性を認識した後、病院・施設見学を通じて学習意欲を高めます。

コミュニケーション力のある医療従事者を目指す
教員・学生同士の距離が近い環境であり、人と関わることが好きな人にとってコミュニケーション力を伸ばせる環境です。看護学科では、1年次より基礎看護学実習において病院実習を行い、患者様とのコミュニケーションの重要性を学びます。リハビリテーション学科1年次「ボランティア入門」では、地域の高齢者施設や保育園でのボランティア活動を行い、人と関わることで「人の役に立つことの素晴らしさ」を実感し、その後の学びに活かします。このように、医療従事者に最も必要な倫理観やコミュニケーション能力を養うカリキュラムを用意しています。

教員との距離が近くなるオフィスアワー&クラス担任制
学修上の問題など、自分の力だけでは解決できないときに、各教員からアドバイスを受けられる時間帯を設けています。週1日、昼休みに何でも気軽に相談できるよう、教員が研究室で待機している時間があり、予約なしに訪ねることができます。また、クラス担任と学年毎にも担任がおり、1年次から面談を行っています。小規模大学ならではの人と深く関わることができる環境なので、なんでもすぐに相談することができます。教員との距離が近く、多くの専門知識などをより吸収し、将来活躍できる医療従事者を目指せます。

キャンパス 東京医療学院大学
東京都多摩市落合四丁目11
京王・小田急「多摩センター」駅バスターミナル10番乗場から京王バス・神奈川中央バス「東京医療学院大学前」バス停まで約5分 下車すぐ
東京都多摩市落合四丁目11

学部 保健医療学部

募集人数 人